top of page
  • 執筆者の写真日書美事務局

更新日:2023年11月20日


昭和21年、戦後書壇史における歴史的な第一歩となった第一回展を東京都美術館にて開催以来、来年で第78回を迎える一大書道展「日書展」の一般公募規定を発表いたします。

既定の詳細は下記よりご確認ください。


   【第78回日書展 一般部公募規定】

     ※募集は締め切りました


第78回展は、令和6年1月4日(木)から10日(水)まで、東京都美術館(上野公園)にて開催いたします。

半世紀を超える歴史と伝統を誇る斯界を代表する書道展に、ふるってご参加ください。


※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、今回展も席上揮毫は実施

 しません。


                  〔お問い合わせ〕

      一般財団法人 日本書道美術院 事務局

                  電 話:03-3291-1656(平日10:00~17:00)  

                  E-mail:info@nishobi.org

          






閲覧数:494回

7月12日に開幕した第74回毎日書道展(主催・毎日新聞社、毎日書道会)において、同展の最高賞である文部科学大臣賞に、本院・松井玉箏常務理事の作品が選ばれました。

受賞作は「月の和歌三首」(「和漢朗詠集」より)。

「『和漢朗詠集』から月を詠んだ和歌を3首選び、縦長の紙面に上下2段に配置した作品。下段の1首目の末尾に2首目冒頭をそのまま書き継ぐという大胆な試みが新鮮である。たたみかけるような連綿は動きが大きく力強い」(根津美術館副館長・松原茂)と評されました。


松井玉箏常務理事の作品をはじめ、第74回毎日書道展における本院関係の受賞者および受賞作品等についての関連記事は、『書道美術』9月号(8/20発行)、10月号(9/20発行)で特集記事を掲載する予定です。


第74回毎日書道展の東京展は、国立新美術館が8月6日まで、東京都美術館が7月19日~24日まで開催しています。

(前後期、Ⅰ期・Ⅱ期で展示替えがあります)。


                第74回毎日書展に関する情報は下記からアクセスできます。

                ◇会期・日程等はこちら   >>>〔毎日書道展〕

                ◇受賞者や関連記事はこちら >>>〔書のひろば〕



閲覧数:293回
  • 執筆者の写真日書美事務局

更新日:2023年10月23日


本院主催「第68回 全国競書大会」への出品作品を募集いたします。


日本書道美術院主催「全国競書大会」は、誰にでも書きやすく、親しみやすい半紙作品による展覧会です。応募は一般部と教育部に分かれ、書道愛好家なら、初めての方でも、個人でも、どなたでも出品できます。優秀な作品は東京都美術館(「第78日書展」会場内)で展示されるほか、賞状・賞品が贈られます。


出品希望の方は、下記リンクボタンより「出品規定」をご精読のうえ、本院事務局まで応募用書類をご請求ください。

たくさんのご応募をお待ちしております。ふるってご参加ください。


 〔出品規定〕はこちら → ※応募は締め切りました


〈第68回 全国競書大会〉

会 期:令和6年1月4日(木)~10日(水)まで

    入場9:30~17:30、最終日は15時まで 

会 場:東京都美術館 (東京・上野公園内)

    ※新型コロナウイルスの感染拡大等、社会情勢の変化により、

     内容や日程等に変更が生じる場合もあります。



※資料請求・お問い合わせ等は、下記事務局までご連絡ください。

  一般財団法人 日本書道美術院 事務局

  電 話:03-3291-1656(平日10:00~17:00)

  E-mail:info@nishobi.org



閲覧数:641回
bottom of page