• 日書美事務局

本院・鬼頭墨峻理事長         文部科学大臣賞を受賞

最終更新: 2018年8月30日

7月11日に開幕した第70回毎日書道展(主催・毎日新聞社、毎日書道会)において、最高位の文部科学大臣賞に、本院・鬼頭墨峻理事長の作品が選ばれました。

受賞作は「阮籍痛哭母死」(「世説新語」任誕篇より)。

「阮籍は母を葬る際、豪放を装いつつも純真であった。この故事を楽しむかのように悠然と筆を運び、瀟洒な気分を醸し出す。軽快なリズムの心地よさと、たくまざる奥ぶかさ。気負わない脱俗の境地を感じさせる優作である」(東京国立博物館学芸企画部長・富田淳)と評されました。

その他、第70回毎日書道展における本院関係の受賞者および受賞作品等についての関連記事は、『書道美術』9月号(8/20発行)より特集記事を掲載する予定です。

ぜひご覧ください。


第70回毎日書道展の東京展は、国立新美術館が8月5日まで、東京都美術館が7月19日~25日まで開催しています。



637回の閲覧

最新記事

すべて表示

第71回 毎日書道展 入賞者発表!

日本最大の規模を誇る書道の公募展「第71回 毎日書道展」(主催:毎日新聞社・毎日書道会)が、7月10日から8月4日まで、東京都港区・国立新美術館にて開催中です(東京都美術館は7月18日~7月25日)。 第71回となる今回展の総出品数は、一般公募部門と役員作品を合わせて31,998点。同展のグランプリにあたる「会員賞」には、本院役員から、かな部・中嶋玉華氏、吉野玉庸氏の2名が輝き、公募最高賞である「

※本ホームページは、Google Chrome、Microsoft Edge 、Firefox、Safari    の各最新版ブラウザでのご利用を推薦いたします。

Copyright (c) 日本書道美術院 All rights reserved.  無断転載を禁じます。